徹底した紫外線対策でシミを予防

女性を悩ませるシミの原因はメラニンです。

 

紫外線を浴びると肌内にメラニンができてしまって、それが肌に定着することでシミになってしまいます。

 

これ以上シミをふやさないためには、紫外線をいかに防御するかがポイントになります。

 

一番の防御法としては、日焼け止めなどを欠かさずに塗るということですが、外出しないときは油断して居る人が多いと思います。

 

紫外線は、冬でも雨の日でも室内にいる時でも肌に届きますので、いつでも日焼け止めやUVカット効果のある化粧品を使うようにしましょう。

 

夏ほどではありませんが冬でも雨の日でも、紫外線は確実に降り注いでいますし雲や窓ガラスを透過して肌内部にまで届いてしまいます。

 

しかも、紫外線は窓を通してでも侵入してきて、肌の奥のコラーゲンを破壊してしまいます・・・

 

日焼け止めにはクリームやローション、ジェルやミストなど、様々なタイプがあります。

 

肌に合っていて使いやすいものをこまめに使うようにして、塗り忘れのないようにするのがポイントになります。

 

また、普段使いする日焼け止めはそれほどSPF値が高くなくてもかまいません。

 

SPFが高くなればなるほど肌への負担も増えますから、毎日使うものは適度なSPF値のもので肌に刺激がないものがよいでしょう。

 

専用の日焼け止めでなくても、化粧下地やファンデーション、フェイスパウダーなどに紫外線カット効果がある化粧品もたくさんあります。

 

夏場の紫外線が強い時期以外なら、化粧品のUVカット効果のみでも充分防ぐことができます。

 

このようにちょっとだけ気を付けるだけで今以上にシミが増える事はなくなりますが、今あるシミを消す事はできません・・・

 

今あるシミを消したい場合は、シミに効果的な薬が必要になります。

 

顔のシミを取りたい場合は内服薬か外用薬が最も効果的になります。

 

美白クリームや美白化粧品もありますが、今ありシミをキレイに消す事はできません。

 

今あるシミを消したいと言う場合は、シミの薬がおすすめになります。

2017/04/27 14:35:27 |
女でもヒゲが生える!!最近鏡を見て思ったことが「私ヒゲが生えてる・・・」です。泣きました・・・女のくせにヒゲが生えているなんて・・・どうしよう・・・とりあえずカミソリで剃りましたが、剃ったところですぐにヒゲは生えてきます。脱毛サロンへ通うことも考えましたが、ヒゲごときで数万円支払うのはどうかと思い留まりました。全身脱毛をするならまだしも、顔脱毛だけで通うのは恥ずかしすぎます。そこで何とかひげの対処法がない物かとググりました。そしたら以外にも口髭に悩んでいる女性が多く驚きました!中にはあごひげが生えてくる女の子も居ました。さすがに私はあごひげは生えていませんが、口髭は生えています。産毛ではなく割...
2017/04/04 15:36:04 |
シミそばかすと一緒くたに呼ばれてしまうこともあるシミとそばかす。見た目が変わらないので同じものだと思っている人も少なくないようですが、この二つは別のものです。シミというのは肌を守るためのメラニン色素が排出されずに、皮膚に沈着してしまったものです。生活習慣の乱れなどで、シミができやすくなる事はありますが、基本的に紫外線を浴びることでシミは発生します。そばかすは遺伝的要素が強くて、紫外線とは無関係にできる色素沈着です。ただし、紫外線を浴びることでそばかすは濃くなってしまうので注意が必要です。子供のころからできますが、大人になると薄くなったり消えてしまう場合があるのも特徴です。遺伝的要因で発生するせ...